タイ生活 / タイ豆知識

タイのタクシーについて

今日はタイでのタクシーの乗り方についてお話ししたいと思います。

タイに行ったら電車よりもタクシーの方が便利かもしれないです。

初乗りいくら?深夜料金は?

まずタイのタクシーは初乗り35バーツ(約105円)です。

ここから2バーツずつメーターが上がっていきます。

メーターに金額が表示されているタクシーもあれば、メーターはあるけど電源を切っていて口頭で行ってくる人もいます。

通常はメーターを用意してくれていますが、メーターを切っている人は観光客目当ての人がほとんどです。

その場合、大体は観光地で張って観光客を探して声をかけてきます。

というのも観光地はやはり観光客が多く、トゥクトゥクも捕まらないことも多いです。

タクシーorトゥクトゥクどっちに乗る?

トゥクトゥクに乗って景色や風を感じながら移動したかったけど、

「しょうがないか。」って人が次にタクシーを選ばれるかと思います。

ただ観光地にいるタクシーは必ずといっていいほどメーターを切っており、200バーツでどうだと言ってきます。

私の経験上ぼったくりさんは200バーツと言ってくることが多いです。

そして観光に来ている人はみんなトゥクトゥクに乗りたがりますが、タクシーと違ってメーターがないのでこちらも相場がどうなのかわかりません。笑

観光気分を味わうにはトゥクトゥクは良いアトラクションだと思います。

また、日本のようにタクシーに深夜料金はありませんが、心なしかメーターが早くなっているような気がします。笑

タクシーの乗り方

タクシーを止める時、日本では手を挙げて、自動でドアが開き、席に座ってから「〇〇へお願いします。」と言いますよね。

タイでは手を下の方であげます。

気付いてもらえるよう手のひらをパタパタする時もあります。

ドアは手動ですし、勝手に中に入るようなことはしません。

タクシーを停めたら、運転手が窓を開けてくれるので、どこに行きたいか伝えます。

○○に行きたい!タイ語で伝えよう!

発音が難しいので長文は少し難しいですが、簡単なタイ語は積極的に使うと案外通じます。

むしろ、タクシーやトゥクトゥクの運転手はタイ語で行った方が通じると思います。

『ヤーク パイ 〇〇』 (〇〇に行きたい)

で通じます。

行き先を伝えた後、運転手がそこに行くかを判断をします。

日本では行き先を伝えたら、仕事なので運転手はそこにいってくれますよね。

タイでは、運転手がそこに行くかどうかを決めます。

その為、やっと見つけたタクシーでも行きたくないところだと断られることがあります。

運転手の思いのままに…☆〜(ゝ。∂)哀愁

もうお分かりかと思いますが、タイのタクシーは日本ほど仕事にプライドを持っていません。

タクシーに乗ってると、運転手の都合でガソリンスタンドに寄られたり、

運転手の都合で銀行に寄られたりします。

そしてその間にもメーターはついたままです。笑

銀行に寄るねっていって路駐して運転手を待ってる間、メーターによる金額は上がり続けています。笑

他にも、大雨の中タクシーでシーナカリン通りを走っていたら後ろからおかまを掘られたことがあります。

大雨の中、傘もささずに運転手が車から降りて喧嘩をしている間もメーターは上がっていました。🤗

そんなこんなで、タクシー運転手への過度な期待は禁物です。

もちろんいい人もいます。

どこからきたの?という話から話が弾むこともあります。

まぁ逆も然りです。

こればっかりは見極めが難しいのでぼったくりでなければ、極力乗りましょう。

ソイによってはタクシーが全然拾えないところもあります。

ここで停めて!タイ語で伝えよう!

乗った後、車を止めて欲しい時には

『ジョーッ(ト) ティニー カ(クラップ)』(ここで停めてください)

で止まってくれます。

ジョーットは低めで、ティニーのニーを上げて発音すると伝わりやすいかと思います。

タクシー運転手のお釣りの概念、チップはもらって当たり前?!

目的地に着いてお金を払う時、端数がなくて大きいお金を渡すときがありますよね。

そういう時はお釣りが返ってこないことがあります。

例えば180バーツに対して500バーツを出せばお釣りは返ってきますが、

お釣りが10バーツ程度だった場合、返ってこないことは多くあります。

これには日本にはないチップの文化がある国だからしょうがないともいえます。

私の父はタイ人ですが、一緒にタクシーに乗るとよく100バーツのチップを渡していました。

でもぴったり出したからといって文句を言われることはありません。

もし、少しでも渡したくないという方は小銭を揃えてピッタリ出すことをおすすめします。

*特に20バーツ札はどの場面でも使いやすいので何枚持っていても困りません。

ただし、お願いした行き先が分かりづらく、迷ってしまったり辿り着くまでに苦労させてしまったら、チップをあげたほうが良心的かもしれません。

タクシーだけに限らず、ホテルに泊まった時などにはチップを渡さないといけないので、この文化に慣れておくと海外で困らないと思います。

今日はここで終わりにしたいと思います。

あまり情報がなくて申し訳ないです…

少しでもお役に立てると嬉しいです。

それではまた次回にお会いしましょう。☺️

i.am.rina.and.saay@gmail.com
タイ・サムイ島出身。平成生まれ。日泰中ハーフ。 ハンモックに揺られ育てられため、車に乗るとすぐに寝てしまいます。 基本マイペース、能天気です。 3歳の頃両親が離婚し、その後日本に住んでいたため 父親がタイ人であることを小学3年生の時に知る。 大学卒業後はタイの日系企業に就職し、現地で知り合った日本人男性と結婚。 好きなモノ💁🏻‍♀️コスメ、Apple製品、タイ料理、猫🧶

Add a comment...