タイのヌードル事情について

皆さんこんにちは、こんばんは。お久しぶりです😊

本日はタイのヌードル事情についてお話ししたいと思います。

はじめに

まず、タイには大まかに5種類の麺があります。

  1. センレック(เส้นเล็ก) 細麺のライスヌードル
  2. センヤイ(เส้นใหญ่) 太麺のライスヌードル
  3. センミー(เส้นหมี่) ビーフン
  4. バミー(บะหมี่) 中華風ちぢれ麺
  5. ウンセン(วุ้นเส้น) 春雨

細麺も太麺も食べやすくて美味しいです☺︎

それに、日本のヌードルよりヘルシーですしお腹に溜まりにくいと思います。

胃もたれしやすい私にはぴったりです。笑

センレック(เส้นเล็ก)

細麺のライスヌードル

米粉でできている細い麺です。クイッティアオなどに使われています。

センヤイ(เส้นใหญ่) 

太麺のライスヌードル

こちら写真はないのですが、上記のセンレックの太麺verです。

うどんのような形ではなく、平たくペラペラとした麺です。

センミー(เส้นหมี่)

ビーフン

日本人に馴染みのある麺です。

主に焼きビーフンで使われています。

バミー(บะหมี่)

中華風ちぢれ麺

小麦粉が原料の麺です。

日本でいうラーメンよりも細くちぢれています。

ウンセン(วุ้นเส้น)

春雨

タイで有名なヤムウンセンという料理に使われている麺です。

ヤム(和える)ウンセン(春雨)は春雨に野菜や海鮮を和えたものです。

サラダのように見えますが、冷たくはなく温かい料理です。

さいごに

簡単ではありますが以上が主にタイで食されているヌードルです。

どれもスルスルと食べやすくお腹に溜まりにくいと思います。

日本でもアジアスーパーなどで売られているのでぜひ試してみてください😊

それではまた次回お会いしましょう。