元書店員がオススメする漫画『さんすくみ』(絹田村子著)

皆さんこんにちは、こんばんは

今日は絹田村子さん著の漫画『さんすくみ』について語りたいと思います!

さんすくみは私の中でTOP3に入る大好きな漫画です。

ジャンプや恋愛漫画が好きな人からすると、少し違うジャンルになるかと思います。

あらすじ

*画像は1〜3巻の表紙です。

左から神主の息子・恭太郎、住職の息子・孝仁、牧師の息子・工です。

著者が奈良出身ということもあり、こちらの舞台も奈良になります。

ヘタレな恭太郎、ビビリな孝仁、ホラーマニアな工の宗教法人仲良し3人組のお話です。

男子校に通っていた時の同級生で、お互いに家業・宗教法人ならではの悩みを共有できる友人を見つけて仲良くなったのがきっかけです。

節分やクリスマス、檀家さんとのお話など、事件が起きてはヘタレ3人で解決しようとします。

元々、「読経しちゃうぞ!」で短編漫画として出していました。

そして大ブレイクを果たし、タイトルを「さんすくみ」と題して本格連載が始まりました。

見どころ

とにかくコメディ要素満載です。笑

宗教法人仲良し3人組のうちの誰かが困っていたら、あとの2人がなんとか解決しようと切磋琢磨します。

読んでいた当時は3人の友情がうらやましかったです☺︎

各宗教のイベントや宗教ならではのあるあるを知ることができて、

とても勉強になりました。

3人とも恋愛に奥手なのに後継問題に悩まされている、というキャラクターもかわいらしかったです。

なぜ私のTOP3に入るのかというと、もちろん絵柄も好みなのですが

なんてことない日常を描いている中でドキドキワクワクしたり、

ヘタレながら3人で問題を解決していく姿勢が面白かったからです。😂

『重要参考人探偵』ドラマ化!

『さんすくみ』刊行終了後に『重要参考人探偵』という漫画が発行されました。

簡単にあらすじを説明すると…

主人公(職業:モデル)がなぜか日常的に死体の第一発見者になってしまいます。

そして事件に巻き込まれて重要参考人にされてしまい、

最終的に主人公が事件を解決するという話です。

のちにKis-My-Ft2の玉森裕太さん主演で2017年10月にドラマ化されました。

こちらの漫画については次回以降にお話したいと思います!

それでは、また次回お会いしましょう。☺︎