ライフスタイル, Diary

【知ろう!】ガールスカウトってなに?

皆さんこんにちは、こんばんは☺︎

突然ですが、2020年にガールスカウト日本連盟は100周年を迎えました!

今日はガールスカウト(ガールガイド)についてお話ししたいと思います。

私は幼稚園児の時からガールスカウトを続けています。

高校卒業後はリーダー(指導者)の資格を取り活動してましたが、タイに渡航してからはあまり参加できていません。

*リーダーは指導者、スカウトは子供たちを指します。

皆さんにブログを通じてスカウトの世界をお話しできたらと思います。

もしかすると、日本ではボーイスカウトの方が有名かもしれません。

ボーイスカウトとガールスカウトの違いについてもお話しします。

ガールスカウト(ガールガイド)の発足

1908年にイギリスでロバート・ベーデン=パウエル(通称B-P)がボーイスカウトを発足しました。

1910年にベーデン=パウエルの実の妹アグネス・ベーデン=パウエルによって発足したガールガイドを母体に

1912年にアメリカのジュリエット・ローが創設した少女訓育団体がガールスカウトです。

その後、急速に全世界に広がって、1928年には「ガールガイド・ガールスカウト世界連盟WAGGGS)」が結成されました。

ガールスカウトでは「ベーデン=パウエル」とは発音せず、「ベーデン・ポウエル」と発音し、記述しています。

「ベーデン・パウエル」は英語の発音、「ベーデン・ポウエル」は米語の発音と言われており、

アメリカよりガールスカウトが伝わったと言われています。


1920年(大正9年)に、イギリスから日本にも伝わり全国各地へと広がりました。

第二次世界大戦中は一度活動を休止しますが、戦後1947年(昭和22年)に

日本の未来を担う少女たちに力をつけることや明るい未来を見せることが重要である考えた女性たちによって

「誰の手を待つまでもなくわたしたちの手で」を合言葉に、ガールスカウト活動は再開されました。

2年後には東京に「ガール・スカウト日本連盟」(日本支部・事務局)が正式に誕生しました。

ガールスカウトとガールガイドの違い

今でも世界のほとんどの地域ではガールガイドという名称が使われていますが、

アメリカでは「ガイド」という言葉が“インディアンを狩る人”という意味を

すでに持っていたため、ガールスカウトの名称となりました。

日本では発足当時はガールガイドを訳して、「日本女子補導団」の名称で活動していましたが

戦後、GHQの支援のもと運動が復活したので、現在ではアメリカ式の「ガールスカウト」という名称となりました。

ガールスカウトってなに?

画像を押すとリンクに飛べます!

ガールスカウトとは「やくそく」と「おきて」を定めていて、

人種・国籍・宗教の差別なく、健全かつ幸福で社会に貢献する女性の育成を目的としています。

活動内容はボーイスカウトと共通なものがかなり多いですが、

少女たちが健全なレクリエーションや奉仕、救急、国際理解などの活動を通して、

よい公民へと育ち、社会文化への寄与能力ももつようになることを目指しています。

世界共通のクローバーの記章と各国によって違う制服を着用して活動しています。

制服は、私のときは帽子を含めて全身水色でした。笑

ここ数年で制服が変わり、帽子やキュロット、スカートは紺色がベースになりました。

制服以外にも野外活動やキャンプ用の動きやすい制服もあります。

モットーは、”そなえよつねに“です。

いつ活動しているの?

ガールスカウトの活動日は日曜日です。

中学生になると部活動で参加できない子も増えてきますが、

できるところまで皆続けています。

普段はミーティングを行なっています。

どんなことを体験してみたいか今後の活動について話し合ったり、

バッジブックを書いたりしています。

バッジブックをこなしてリーダーに見てもらい、OKをもらったらバッジ申請をします。

そのバッジ(ワッペン)を集めて制服の一部に貼っていきます。

バッジブックには地球環境や社会について問題定義されています。

日常にあったことやガールスカウトの活動を通してバッジブックを埋めていきます。

ミーティングでない日は、市や町の行事(パレードの行進や海岸清掃など)、募金活動野外活動(テント組み立ての練習や山登りなど)、キャンプをしています。


世界中のガールスカウトとの活動もあります。

世界中のガールスカウトが集まってキャンプする交流行事です。

私はスカウト時代に韓国国際キャンプに行きました。

アメリカはもちろん、ベトナムや中国、シンガポールやタイのガールスカウトも集まりました。

(ヨーロッパの方がいらっしゃったか定かでないです。😔)

世界行事では全国から選ばれたスカウトだけが参加できます。

当時中学生で参加しましたが、なぜ行けたのか記憶にないです…

テントでの宿泊とホームステイをしました。

今でも韓国でのホームステイ先での思い出は覚えています。

団ごとの活動でも海外の方との活動は多かったです。

私の入っていた団では、米軍基地(ベース)にお邪魔して、

ベースにあるガールスカウトと一緒にハロウィンパーティーをしたり

ホールで映画を見ながら寝袋でみんなで寝たり、ボーリングをしたりと

楽しい異文化交流が多かったです。


よく海外ドラマで見かけると思いますが、

アメリカのガールスカウトではクッキーを売るのが風物詩のようになっていると思います。

クッキーの売り上げはガールスカウトの活動費に充てられるそうです。


活動の内容は入っている団によって変わってきます。

リーダーたちが考える行事などにもよるからです。

*団…ガールスカウトは各地域ごとに団で分けられています。

ex.神奈川県第(数字)団

「やくそく」

私は、神(仏)に対するつとめを行い、地域と国と世界への責任を果たし

人に役立つことを心がけ、ガールスカウトのおきてを守ります。


ガールスカウトに入ると一番に覚える言葉です。

ミーティングや開会式など必ずガールスカウトの活動は「やくそく」を唱えてから始まります。

日本では”神”と聞くとガールスカウトって宗教なの?と感じる方が多いかと思いますが、

宗教ではありません。笑

あくまで、女性の自立や社会奉仕を目的とした団体です。


「やくそく」を唱える時は敬礼のように、人差し指・中指・薬指の3つを肩の横に立てます。

小学生3年生までは人差し指と中指だけ立てます。

(私が小学生の時は子供から大人まで2本指だったのが、途中から小学4年生以降は3本指に変わりました。)

昔は人差し指と中指を立てて、警察のように頭上で斜めにして敬礼していました。

「おきて」

  1. 私はいつも明るく、勇気をもちます。
  2. 私はいのちあるものを大切にします。
  3. 私はすべての人の友達となり、他のガールスカウトとは姉妹です。
  4. 私は礼儀を正しくします。
  5. 私は時間と資源を大切に使います。
  6. 私は自分で考え行動します。
  7. 私は言葉と行いに責任をもちます。
  8. 私は誠実であるように努めます。

「やくそく」でおきてを守りますと唱えていますが、その「おきて」がこちらです。

ガールスカウトに入ったら「やくそく」と一緒に覚えます。

部門

ガールスカウトは部門ごとにミーティング活動をします。

もちろん、市や町の行事・野外活動・キャンプなど全部門での活動も多いです。


テンダーフット 就学前1年

ブラウニー 小学 1-3 年生

ジュニア 小学 4-6 年生

シニア 中学生

レンジャー 高校生年代

SCAPP(スキャップ) 成人会員(18歳以上~)


レンジャーになると成人になってからSCAPPとして活動するか、

リーダーとして活動するか、もしくは仕事のことを考えてガールスカウトを辞めるかの3つの選択肢があります。

私の場合は、祖母がリーダーだったので自然とリーダーの道に進みました。

ちなみに母、叔母、妹もガールスカウト経験者で、叔父、従兄弟はボーイスカウトに入っていました。

ガールスカウトとボーイスカウトの違いは?

ボーイスカウトは、女性の社会進出・男尊女卑の撤廃・女性によるソフト面のケアへの期待などの理由(100年前の社会情況と違う)により、

少女のスカウトと女性の指導者の受け入れを認めています。

(女子専用のテントなど女子に対しての配慮はありますが、活動中に女子だから男子だからなどと性別で分けるような区別はないです=ジェンダーフリー

*私が小学校高学年くらいの時に、ボーイスカウトにも女の子が入れるようになり、ガールスカウトに入る子が減ったように感じました。😇

一方、ガールスカウトは、ボーイスカウトの目標に加え、

自立した女性の育成」という目標も持っている為、少女だけのスカウトと、女性だけの指導者で活動しています。

ガールスカウトって宗教なの?

「やくそく」のお話でもお伝えしたのですが、宗教ではありません。

日本では習い事として知られていると思いますが、他の国では学校でクラブ活動のように入ることができます。

日本では、ほとんどの人が無宗教だと思います。

私も”神”を信じているわけではありません。

(神頼みはしますが…笑)

ガールスカウトは学校や家族とは体験できないようなことを、

活動を通して学び、色々な経験をすることができます。

小学生の頃から募金活動をしていなければ、他人に対してもう少し臆してしまっていたかもしれないですし、

学校で何かあっても、幼少期からキャンプなどで苦楽を共にした友人がいるのは

とても心強かったです。

幼なじみのようなもので、自分の性格を理解してくれていると思います。

ソング

ガールスカウトでは常にうたを歌っています。笑

ガールスカウトの歌集を持ち歩いて、山道でもキャンプでも式典でも歌います。

必ず”いただきます”と”ごちそうさまです”の代わりにうたを歌います。

一例ですが…”いただきます”に代わって

金と銀(God Has Created A New Day)
金と銀とみどりの 新しき日を
みかてを しゃしつつ
ともに はげまん

はげまんのあと、いただきますと言います。

音がないのでわかりづらいと思いますが、ゆったりとした曲調なので

スカウトの時は渋い曲だなぁと思っていました。笑


こちらは起床後すぐに行う、朝の集いでよく歌われる曲です。

シャロン(Shalom Chaverim)
シャロン チャベーリム
シャロン チャベーリム
シャロン シャロン
ベリーラーオー ベリーラーオ
シャロン シャロン

イスラエル民謡の「シャーロムの歌」です。

これもゆったりした曲調で、意味もわからず歌っていました。笑


よく移動のバス(貸切)の中や山登りの時に歌いました。

とてもポップな曲で小さい時は大好きでした。

I’ve Got That B-P Spirit
I’ve got that B-P spirit,
Right in my head,
Right in my head,
Right in my head,
I’ve got that B-P spirit,
Right in my head,
Right in my head
to stay.

B-Pはボーイスカウト創始者のベーデン・パウエルさんのことです。

ボーイスカウトと共通の歌です。

昔はto stayをTuesdayと間違えて歌っていました。笑


こちらは式典やいろんな団が集まった大きな活動の時によく歌います。

世界中のスカウトが歌えるので、韓国国際キャンプでも人種問わずこの曲を歌いました。

♫ガールガイド・ガールスカウト世界連盟歌
進む道は かがやき
高き旗は くまなくひるがえり
希望は 永遠に
正しきに むすばるる
友情は 強し
理想の世を 今ぞ
われら うちたてん うちたてん

善と誠 愛し
おきてを 守り
優しき おこない
名誉に かけて
ひとのため まごころを
そなえよつねに
平和と自由のため
われら ささげん ささげん

Our way is clear as we march on,
And see! our flag on high
Is never furled throughout the world
For hope shall never die!
We must unite for what is right
In friendship true and strong,
Until the earth In its rebirth
Shall sing our song! Shall sing our song!

All those who loved the true and good,
Whose promises were kept,
With humble mind, whose acts were kind,
Whose honour never slept.
These were the free! And we must be
Prepared like them to live,
To give to all, Both great and small
All we can give! All we can give!

日本語歌詞、渋いですね…笑


ガールスカウトのソングはかなり多く、上記以外にもたくさんの曲を歌います。

これら以外にも手遊びの歌も多いです。

外国の歌も多いので、小さい頃はカタカナに変換されて耳で覚えていました。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

長文になってしまってすみません。

年齢が上がると参加するのが難しくなってきますが、

学校では消極的だった私には今でも良い思い出です。

少しでもガールスカウトのことを知っていただけると嬉しいです!

それではまた次回お会いしましょう。☺︎

About Me

タイ・サムイ島出身。平成生まれ。日泰中ハーフ。
ハンモックに揺られ育てられため、車に乗るとすぐに寝てしまいます。
基本マイペース、能天気です。
3歳の頃両親が離婚し、その後日本に住んでいたため
父親がタイ人であることを小学3年生の時に知る。
大学卒業後はタイの日系企業に就職し、現地で知り合った日本人男性と結婚。
好きなモノ💁🏻‍♀️コスメ、Apple製品、タイ料理、猫🧶

Add a comment...