【タイから日本!】日本帰国時の荷物量についてお話しします!【海外引越し】

みなさんこんにちは、こんばんは☺︎

今日は タイから日本に引っ越してきたときの荷物量についてお話ししたいと思います。

私はタイ在住1年半、主人は5年ほど在住していました。

私も主人も日本からタイに引っ越したときは手荷物のスーツケース2つで来タイしました。

そのため、タイで購入した荷物が増えてしまっている状態です。笑

増えてしまった荷物をどう選別して日本に持ち帰ったかについてお話しします。

タイは家具備付けが主流

そもそも、タイは家具を備え付けているアパートメントが多いです。

私の住んでいたコンドミニアムにはテーブルやソファ、テレビ、ベッド、キッチンはありましたが、洗濯機はありませんでした。

*部屋ごとにオーナーが違うので、オーナーによっては内装や家具の配置が変わってきます。

出張や駐在など長期滞在が目的で入国される方が多いからだと思います。

タイにはたくさんのコンドミニアムがあります。みな家具が備え付けなので船便を使って引っ越すのは家族帯同で駐在される方くらいです。

*コンドミニアム(コンド)とは…キッチンや洗濯機など生活するための設備が備えられた宿泊施設のこと。(≒サービスアパートメント)

単身で来られる方は渡タイ時の手持ちのスーツケース、もしくは引っ越し業者を通して航空便を利用すると思います。

その場合は家族に比べて家具等を持ってくる必要はないのでかなり荷物は少なく済みます。

荷物の処分はあげるか、捨てるか。

あげる

タイでなくても、長期滞在していると荷物は増えていく一方ですよね。

まだ使えるけど、「日本に持って帰ってまで使うことはないな…」という物は、知り合いのタイ人にあげていました。

日本人が持っているものは、やはりMADE IN JAPANが多いですよね。

私にとってはもう使わなくていらない物でも、タイ人の知り合いに「きっとまだ使えるから欲しい!」という人がいました。

なのでそのタイ人に家に来てもらって一緒に選別しました。

驚くことに、私からすると「それ、もう捨てていいんじゃない?!」というものも欲しがりIKEAの大きい袋だけでは足りず。結局、紙袋を何袋分も車に積んで帰りました。笑

「それ本当に使う?」と聞いてみると「うん!うん!」というのですがおそらく近所の人やそういう業者に売りに出されたと思います。笑

ゴミがお金になるなら、いいですよね!😳🤣

ちなみに金具が壊れたピアスなどもポイポイと袋に入れていました。🤣

洗濯機を売ったときのおもしろい話

私はコンドミニアムに住んでいましたが、洗濯機が備え付けではなかったためタイで購入しました。

プロンポン駅のエンポリアム(商業施設)でドラム式の洗濯機を30,000バーツ(95,000円程)で購入しました。

この洗濯機は私が購入した物なので、退去時にまた手放す必要があります。

さすがに日本では使えない物ですし、売るしか手段はなかったです。

会社の人に洗濯機を必要としている人がいないか聞いて回り、結局上記で色々な物をあげたタイ人女性に譲ることになりました。

売値は話し合った結果、まけて5,000バーツで売りました。

当日までその人に譲ると思っていたら、まさかのそのタイ人女性はただの仲介で実際は会社のタイ人ボスに売ることになっているということでした。笑

(ボスに売るのならもう少し高くしたのにな…と考えてしまいます。笑)

(同じ会社なので私たちのボスでもあります。)

面白かったのが、「ボスから4,500バーツしかもらってないから500バーツ払えない」と言われたのですが、

主人が「もらってるでしょ〜」と問い詰めたら胸ポケットから500バーツ出てきて、ちゃんとボスからぴったりお金を預かっていたことです。🤣🤣

ちょっとかわいそうでしたが、きっかり5,000バーツ頂戴いたしました。笑

結局、タイ人女性の車の荷台は私の荷物で埋まりました。笑

洗濯機搬入時のプチトラブル

タイに引っ越してきたときの話です。

エンポリアムで洗濯機を購入して後日、搬入を待っていました。

搬入の当日の朝に「○時ごろ伺います」という電話が入るのですが中々こず、自分から電話を掛けたら20分で着くと言われました。

結局搬入は午後だったという思い出があります。笑

搬入にきたローカルのタイ人スタッフがいうにはロッティ(渋滞)だったそうです。笑

(こういう場合、午前に間に合わないから12時にしっかり休憩をとってからきてる可能性が高いです。🤣)

タイ人と時間の約束する時は高確率でロッティになるので1日予定を空けるようにしたほうが良いです。笑

捨てる!

まだ使えるものなら必要としている人にあげたいですが、貰い手がないもの、もう使えないものやゴミだと思うものは捨てました。

タイのコンドミニアムやホテル、街中のゴミ箱は分別せずに捨てることができます。

初めから分別して捨てれば良いのに、仕事として分別する人がいるそうです。

タイ人にいうと、「分別する人の仕事がなくなっちゃう」と言われます。

ちなみに、スターバックスでもeat-inで食べ終わった後、片付ける必要はありません。

お皿やトレーを置く場所がなかったので友人に聞いたら、机に置いたまま席をたっていいそうです。

これに関しても、「店員の仕事がなくなる」と言われました。笑

*ドリンクの場合はゴミ箱が置いてある店舗もあるのでなるべく片付けましょう。☺︎

その為、日本のように燃えるゴミ・燃えないゴミなど仕分ける必要がありません。

どんどん袋に詰めて日にちを分けてコンドミニアムのゴミ箱に出しました。

日本帰国時の物量

私たちは航空便・船便を利用せずに帰国時の飛行機の手荷物だけに抑えました。

日本に帰国する日の前日に、電車で空港に行って事前にレンタカーを用意しておきました。

写真は荷物と車に放たれたミルクさんです。

2人分(私・主人)の荷物がこちらです。

スーツケース大が2つ、スーツケース小が1つ、段ボール1箱、LeSoprtsac(青いバッグ)1つ、ゲージ(猫)2つになりました。

手前のカートに乗っている青いLeSoprtsacは手荷物になりました。

猫さんを連れて帰るためには半年以上前から動物病院に通い、事前に書類の準備、提出が必要です。

5年ほど住んでいた人の荷物にしては、上手く荷物を減らせた気がします…笑

(重量オーバーしないか不安でしたが、無事ギリギリの重量で載せれました。)

さいごに

いかがでしたでしょうか。

住んでいたコンドミニアムもそこまで広くなく収納も少なかったのでそもそもの物量はあまりなかったのかもしれませんが、

キッチン用品など皆置いてきたのでこの物量に抑えられたのだと思います。

猫さんを連れて帰る際の手引きについては、またの機会にお話ししたいと思います。

それではまた次回お会いしましょう。