【世界に5店舗】『STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO』

皆さんこんにちは、こんばんは☺︎

今日は、東京都目黒区にある『STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO』をご紹介したいと思います。

『スターバックス リザーブ ロースタリー 東京』は、2019年2月28日にオープしました。

2014年にアメリカ・シアトルに1号店をオープンして以来、2017年の中国・上海、2018年9月のイタリア・ミラノ、12月のアメリカ・ニューヨークに続き、東京は世界で5番目の店舗となります。

店内は以下の通りになっています。

外観の写真を撮り忘れていました…

1FStarbucks Reserve(スターバックス リザーブ)

建物全体がスターバックスとなっており、1階はメインバーや焙煎設備、イタリアンベーカリー「Princi(プリンチ)」、グッズの販売がされております。

入店をするとたくさんのグッズがあります!

最後の二枚はトラベラーズのコラボ商品で、リザーブロースタリー のマークが刻印されているものになります。

*この写真には載っていませんが、後日行ったら小さいサイズの手帳も増えていました!スタバの店員さん曰く、トラベラーズの本店が近くにあるそうです。

グッズ売り場を抜けると、そこには大きな焙煎設備が!

こちらの焙煎設備では、日本市場向けに年間68万kg以上のコーヒーを焙煎しているそうです。

およそ60kg入る豆袋を1日あたり約30個焙煎するために、最大118kgの焙煎が可能な「Probat G-120 Roaster」と、最大16kgの焙煎が可能な「Probat P25 Roaster」と、2台の大型コーヒーロースターを備えています。

米国ワシントン州ケントとネバダ州カーソンバレーにあるスターバックスの焙煎プラントと、「スターバックス リザーブ ロースタリー シアトル」で約 9ヶ月間トレーニングを重ねてきた日本人のマスターロースターたちが作業を行ない、ローストしたコーヒーは、店舗で提供するほかに日本各地のスターバックスへも出荷されているそうです。

右奥が出入り口でその左側にグッズが置かれています。

手前のカウンターはコーヒーや食事が販売されています。

この日は2種類の豆のカフェラテとパンオショコラを購入しました!

カウンターを背にすると…

イタリアンベーカリー「Princi(プリンチ)」があります!

Princiは、1980年代にミラノにオープンしたイタリアンベーカリーです。日本では「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」が初出店となります。

この日はマッシュルームのフォカッチャと、マルゲリータを食しました!

1枚が大きかったので店員さんにお願いして6等分と3等分にカットしてもらいました。カットしてもらった方が食べやすいと思います。

Princi(プリンチ)横の階段を上がると…

2FTEAVANA(ティバーナ)

壁面いっぱいにカップが☺︎

下を眺めると可愛らしい飾りがありました☺︎

2階には、世界最大という「TEAVANA(ティバーナ)」のティーバーがあります。

ティバーナ独自のシグネチャーブレンドティー、ピュアティーのルースリーフ、日本茶を代表する玉露、煎茶、玄米茶などが用意されており、ティービバレッジや茶葉を使ったデザートを楽しむことができます。

メニューには、静岡県にある酒蔵の日本酒を絞ったあとにできた酒粕を使った玉露や

日本の喫茶店にある「クリームソーダ」からインスピレーションを受けた抹茶テイストのビバレッジ、

「ジャスミン シルバー ニードル ティー」に、やわらかなチェリーとハイビスカスの香りが特徴の「さくらアリュールティー」で作った色鮮やかな手作りアイスキャンディーを添えたビバレッジ、

ブラックティーにターメリックやカルダモンでスパイシーな風味を付けたティー ラテに、ターメリックシュガーで作った黄金のわたあめを乗せたユニークなビバレッジ、

「ゴールデン モンキー ティー、アカシアハニー」のやさしい甘みとコンデンスミルクのコクが特徴のロイヤルミルクティー。ナイトロ(窒素ガス)を加え、ベルベットのようななめらかな味わいと口当たりを実現しているビバレッジなど

ユニークなティーが揃っています。☺︎

ちなみにクリームソーダ写真のように可愛らしかったです。

抹茶のクリームソーダなので色が深緑になっており、可愛らしさお渋さが相まって可愛かったです。

また、ドリンクだけではなく1階とは違う商品が並んでありました。

ノートや万年筆、インクが置いてありました。写真にはありませんがエコバックも置かれていました。

(よく見ていなかったのですが、こちらはスタバの商品という訳ではなさそうです。)

3FARRIVIAMO(アリビアーモ)

3階に上がる途中の階段の壁面には、コーヒーのカードが並んでいます。

バーサービス「ARRIVIAMO(アリビアーモ)」では、アルコールを含んだコーヒー、カフェインフリーのカクテル、食前酒、ワイン、ビール、ノンアルコールの「スピリッツフリー」などのドリンクメニューを楽しめます。

こちらの写真がないのですが、メニューはこのようなものがあります。

Tokyo Pour Over(トウキョウ プア オーバー): 3000円(税別)
 日本の「シェア」の文化に敬意を込めたという「Tokyo Pour Over(トウキョウ プア オーバー)」です。スターバックス リザーブ コーヒーをフィルターにセットし、ウイスキーなどのお酒でプアオーバーすることで、コーヒーの持つ芳醇で個性的な香りを楽しめるカクテルを、冷酒用のとっくりとちょこで提供します。


Nakameguro Espresso Martini(中目黒 エスプレッソ マティーニ): 2000円(税別)
 エスプレッソ マティーニと生チョコレートを合わせたデザート感覚の1杯です。国産のウォッカに栗のリキュール、カカオリキュール、抽出したてのエスプレッソを加えてシェイクし、 仕上げの天面にはチョコレートをシェイブして飾り付けをしています。


Terrace Lager(テラス ラガー): 900円(税別)
 プリンチのピザを食べながら飲みたいラガービールです。ホップの華やかな風味と、後味にほのかに感じるライチのような甘味が心地よく広がります。アルコール度数は5.5%。

お値段は様々ですが、アルコールがお好きな方にはぜひ試してみたいメニューになっていると思います。

4FAMU インスピレーションラウンジ

階段を上がって左側にあるコーヒー パック ラインでは、1階で焙煎されたコーヒー豆が次々に袋詰めされていく光景を見ることができます。

奥にはAMU インスピレーション ラウンジがあります。様々なセッションやイベントが開かれているそうです。

私は4階で飲食をしたので、イベントがない日は開放されているようです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

私はスターバックスがとっても好きです。笑

自宅で飲むコーヒーもスタバで販売されているコーヒー豆を使用しています。

目黒駅から10分ほど歩きますが、設備も壮大でキラキラとしているので見に行くだけでも楽しいかと思います。

ただし、普段食しているスタバのメニューとは全く違うのでお気をつけください。☺︎

それでは、また次回お会いしましょう。